2007年06月23日

求人雑誌への掲載料って高いのね…

我輩が学生の時にやっていたアルバイトの会社が求人雑誌に募集の情報を出す時は、いつも写真を掲載することになっていた。理由までは聞かなかったが、金銭的なことを除けばメリットは多かったのだろう。そんな我輩だって写真に載ったことがある。しかも、ふきだしを付けられ、「楽しい職場だよ!」なんてことまで書かれて…(まー、実際に我輩にとっては楽しかったのだが)。

しかし、掲載料って実際どのくらいなんだろう? ちょっと興味を持ったので、正式な額がつかめるかどうか分からないが、サイトで調べてみた。例えば、西武通信社というサイトで求人雑誌「フロムエー」の料金を見たら、1/24Pの文字のみで\40,000。個人的な感覚としたら、結構高いんだなーと思った。ただし、これは「関東版」の場合の値段であり、これが関西版となると\23,000にまで下がる。関東と関西とで倍近く違うのか...。

我輩が大学時代にバイトしていた店の隣の隣の店は、オーナーが気難しい人でバイトもなかなか続かず、「君の周りに週3日、1日5時間からでもいいからできる人はいないか?」とよく聞かれたが、たしかに、個人商店がひと一人雇うのに\40,000のお金を払うんじゃ、求人雑誌に掲載するという手段は使わないだろう。

しかし、「フロムエー」などの求人雑誌であれば、購読者も多いから、それだけ多くの人を確保できるチャンスはあるだろう。実際、我輩が掲載された時も3〜4人確保することを目標としていたらしいが、7〜8人面接に来てくれたらしいから、雇う側も活用の効果はあるのだろう。

まー、求人活動というのにもお金は必要。バイトの人たちをうまく管理するのも、こんな側面からも大切になってくるのだ。
posted by 求人雑誌 at 15:17 | TrackBack(0) | 求人雑誌
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4617942

この記事へのトラックバック