2007年06月23日

求人雑誌はよく活用した!

貧乏神というのはまぼろしじゃないのか、我輩これまでの人生、本当に貧乏生活であった...。特に1人暮らしをしてた大学生の頃、学業はおろか、バイトに明け暮れていたような気がする(;-;)。

そこでお世話になっていたのが、求人雑誌。毎週月曜日と木曜日に発売される雑誌は本当によく活用した。

当時、まだまだ未熟だった我輩。バイトで気になることの1つは人間関係だった。だから、バイト選びは人間関係が希薄に考えられる(と思い込んでた)短期のものが中心だった。が、短期間の求人ってかなり人気があるのだ。多分、我輩と同じように考える人が多かったのだろう。だから、雑誌の発売日は早めに起きて買いに行っていた。にもかかわらず早めに電話しても「もぅバイトの募集は締め切りました」と言われたり、なかなか電話がつながらずにやっとつなかがったと思ったら、「アルバイトの締め切りはもぅ終了いたしました」という音声アナウンスが流れてきた、なんて言ことがしょっちゅうで、よく悔しい思いをしていた(涙)。

特に、夏休みや春休みの時期は戦い。求人雑誌の「短期」コーナーを一目散にめくり、めぼしいのを見つけるまでに、多分平均3分。しかし結果は↑と同じようなことが多かったのだ。敵もさるものだった。月曜日にはずすと、次に求人情報誌が発売されるのは木曜日、たかが3日、されど3日、だ。

しかし、そんなこんなで見事に職をゲット!できた時はめちゃくちゃ嬉しかった!あまりにも嬉しかったんで、その求人雑誌はしばらく捨てずにいたような気がする(^o^)。

まー、このように求人雑誌を立派に(?)活用し、それんなりにアルバイトでいい経験はさせてもらった。しかし、貧乏神はやっぱまぼろしではない。というのは、今も当時と生活水準があんまり変わらないのだから...(--;)。
posted by 求人雑誌 at 14:58 | TrackBack(0) | 求人雑誌
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4617941

この記事へのトラックバック