2007年10月18日

求人雑誌と求人サイトを上手に使おう

求人雑誌は町の中のいろいろなところに置いています。
電車に乗りながら見ることもできますし、ちょっとした時間があればパラパラと見ることができますね。
気がついた時にカバンに入れておくと、いつでも見ることができます。

最近は求人雑誌の会社や人材紹介会社がインターネットで求人サイトを運営していることが多いですね。
こちらにもメリットはいっぱいあります。

求人サイトでは、求人雑誌に載っている求人情報が掲載されています。
それに、自分の探しやすい情報をぱっと検索する事もできるんですね。

仕事の探し方には、いろいろな方法があります。
働く場所で探す方法
時給や給料で探す方法
雇用形態で探す方法
などがあります。

アルバイトで時給が900円以上の仕事を探したい時には、時給900円以上という条件で検索すると、それに該当した求人情報を見る事ができます。
学校の帰り道にアルバイトをしたい時には、電車の沿線で探すこともできます。

自分の希望する条件を入力しておくと、それに合った求人募集があった時には、メールで教えてくれるシステムもありますので、登録だけでもしておくといいですね。

求人サイトはパソコンがないと見られませんが、携帯電話からでもアクセスできるものもありますので、探してみるといいですね。
求人雑誌で求人募集をしている会社のメールやホームページのURLをチェックして、パソコンや携帯電話からアクセスすることもできます。

求人雑誌と求人サイトをうまく使いこなすと、手早く仕事を探すことができます。
posted by 求人雑誌 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 求人雑誌

2007年10月05日

求人雑誌の種類

求人雑誌は、いろいろなところで見かけますね。
駅の近く、コンビニ、スーパーの店頭、レジ台のところに置いている店もありましたよ。

それに求人雑誌はファミレスにも置いています。

とにかく人が集まるところ、求人雑誌ありexclamation×2って感じですね。

そんな求人雑誌ですが、いろんな種類があるんですよ。
それは、雇用形態で分かれていることが多いようです。

雇用形態って何?難しい言葉ですね。

雇用形態・・・つまり「正社員」か、「アルバイト」「パート」かという違いがあります。
そして、最近では「派遣」という雇用形態も増えてきています。

それぞれの雇用形態でメリットがあるので、自分に合った方法の仕事を探すのがいいですね。
たとえば正社員の場合は、有給休暇がある、ボーナスが出る、社会保険や厚生年金など各種保険が充実している、そして何より、失業の不安が当面はない・・・つまり収入が安定している、というメリットがあります。
アルバイトは、学生でも短い時間で出来る仕事になります。
学校や他に何かやりたいことがある人は、拘束される時間が短く、正社員ほどの責任もないので、気楽だという面がありますね。
ただ、給料は時給で計算されるので、出勤日数や時間が少ないと、受け取れる給料も少なくなってしまいますね。
パートは、子育てや主婦業をしながら働く人には、ぴったりの雇用形態です。
子供が学校や幼稚園に行っている間だけ仕事をすることができます。

そして派遣は、派遣会社に登録をして、派遣先の会社で仕事をするものです。
これは、事前にどんな仕事内容か、とか勤務条件を知ることができますので、安心して働くことができますし、自分の資格などをうまく生かせることができます。
派遣の時給はアルバイトよりも高いことが多いし、フルタイムで働く人も多く、正社員の給料よりも多い、という人もけっこういますよ。

求人雑誌を見る時には、正社員特集や、アルバイト特集、派遣の仕事特集などに分かれていますので、自分の希望する働き方で探すのが、いい方法ですね。
posted by 求人雑誌 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 求人雑誌