2007年06月23日

求人雑誌や情報を活用して欲しい人たちが増えている?

最近の新聞等にも出てたが、2006年度大学を卒業した学生の就職状況はさらによくなったようである。我輩の学生時代は不況も不況の就職氷河期だったから、実にうらやましい。

実際、求人雑誌を見ても、厚みが違う!我輩が大学生の時の求人雑誌なんてものスゴク薄かった。高校時代に求人雑誌を買っていた同級生に言わせれば、「ホント、薄っぺらくなった」のだそうだ。確かに、何週間か連続して買うと、「またこの会社か」とか「派遣会社への登録のお知らせばっかじゃない!」というので占められていて、めぼしいのが少ないなー、と思わされることも多かった。これじゃ活用するどころではない!という状況だった。が、今は求人情報も増えているのかな? 少なくとも我輩が大学生の頃に比べて求人雑誌は厚くなって、活用にも十分値する(笑)。

確実に増えてきている求人はホームヘルパー等の介護関係ではないかと思う。それ専門の紹介サイトもあるし、何せ需要が大きいのだろう。日曜日の新聞広告の求人チラシでも介護関係の求人紹介は多い。言わずと知れた少子高齢化社会だから、今後もますます増えていくだろう。

また、派遣の求人募集も増えてきているように思う。派遣という雇用形態がかなり浸透してきているから、それもそうだと思う。
一方でニートという言葉ができた。我輩が学生の頃はなかった言葉だ。まー、それに近い人たちはいたのだろうが、社会現象にはなっていなかった。しかし、求人が増え始めたこの時期にニート現象が起きてるなんて、なんともミスマッチなものである。

ちなみに、最近、家賃が払えずにアパート退去するなどして、24時間営業のインターネットカフェや漫画喫茶で夜を明かし、日払い派遣労働などで生活を維持している「ネットカフェ難民」という若者が増えているらしい。就職状況がよくなってきているといって、雇用状況がよくなっているかというと必ずしもそうではなさそうである。
posted by 求人雑誌 at 15:20 | TrackBack(0) | 求人雑誌

求人雑誌も今やサイト版!

求人雑誌の「FromA」、こちらは我輩が大学時代に活用していたが、その「FromA」に「フロム・エー・ナビ」というサイト版もあることを知った。このようなサイトを知ったのは今さらながらのような気もするが、なんせネットが普及したのが大学卒業後だったから(これでだいたい何歳以上かばれてしまいそうだが...)、まー、仕方ないのだ。

たまたま「アルバイト選び」という言葉で検索したら、ひっかかり、ページを開いてみたら「フロム・エー・ナビ」のページだったのだ。
しかし、さすが求人雑誌界の王道を行くだけあって、コンテンツも豊富で活用しやすい。別に職を求めていなくても、見入ってしまうような情報もある。例えば、フロムエーコレクションというところからは、「いただきます!タダご飯」や「気になるよね?先輩・上司」なんて見出しや関連写真があって、気をひかせてくれる。

ただ、クリックしたらそれに関連する求人情報が出てくるまではいいが、ここで見出しにそったドキュメントなんかを紹介してくれるとよかったのにと、余計なお世話かもしれないがそのように思ってしまった。

でも特集記事には「学生歓迎!シフト自己申告制のシゴト」等々の題して、いろんな切り口からバイト探しができるようなサイトが作成されている。これなら、学生の頃に求人雑誌で探してた時ほど苦労しなかったような気がするし、もっともっと活用していたであろう。

あっ、そうそうお仕事インタビュー。この記事はグッド!! その人の体験談や思ったことを記事にしたのって我輩結構好き!まー、この手のものは特集として、求人情報探しが紙媒体しかなかった時にもあったかが、ネットの強いところは、たくさんの情報であってもクリック操作で手軽に見られること。
今、アルバイトをするわけでもないのに、さっきからずーっとこの求人サイトを見てる我輩。我ながら、変なヤツだ(+_;)。
posted by 求人雑誌 at 15:19 | TrackBack(0) | 求人雑誌

今は求人雑誌よりもネットを活用?

我輩の学生時代、アルバイト探しといったら求人雑誌が中心だったが、今はネット社会。ネットを活用する人も多いから、アルバイト探しだって、多くの検索サイトが存在する。

どれどれと見てみると、例えば「ワーキンウェブ」という求人情報の総合サイト。このサイトの素晴らしいのは、情報量の多さ。今見た段階でも約4800ある。オドロキの多さだ。それに、「ワーキングウェブ プラスモ」という機能を使えば、情報をサムネイルで見られるので、雑誌でぱらぱらとめくってみるような感覚で見られるし、ビジュアルである。このサイトは活用できると思った。

他にも「apy」(アピィ)このサイトはソーシャルコミュニケーション型の求人サイト。だから、仕事を探しながら、同じような目標を持った人と情報交換しあったり、アドバイスしあったりできる。このご時勢、このようなサイトは存在してもおかしくないが、しかしありそうでなかったサイトである。もちろん、ワーキンウェブと同様、検索しやすいサイトであるということは言うまでもない。これも活用できる。

また、『GET04510.com』(ゲットオシゴトドットコム)。こちらも求人サイトであるが、使いやすかった。何が良かったのかというと、ニーズ検索しやすい。特にバイト・パートとして働くというのであれば、このような見え方がいいと思った。なお、多くのサイトでは、自分の希望職種等を登録しておけば、見つかり次第配信してくれるというサービスを実施している。そしてちなみに、『GET04510.com』を運営する会社、仕事にあわせた住まい(寮)を提供しているのだ。詳細は聞かないと分からないが、求人情報サイトもここまできたか、という感じである。

情報を得るにはネットがいいか求人雑誌がいいかは様々であろうが、いずれにせよ手段としてはいろんなものが活用できる時代になったものだ。
posted by 求人雑誌 at 15:18 | TrackBack(0) | 求人雑誌

求人雑誌への掲載料って高いのね…

我輩が学生の時にやっていたアルバイトの会社が求人雑誌に募集の情報を出す時は、いつも写真を掲載することになっていた。理由までは聞かなかったが、金銭的なことを除けばメリットは多かったのだろう。そんな我輩だって写真に載ったことがある。しかも、ふきだしを付けられ、「楽しい職場だよ!」なんてことまで書かれて…(まー、実際に我輩にとっては楽しかったのだが)。

しかし、掲載料って実際どのくらいなんだろう? ちょっと興味を持ったので、正式な額がつかめるかどうか分からないが、サイトで調べてみた。例えば、西武通信社というサイトで求人雑誌「フロムエー」の料金を見たら、1/24Pの文字のみで\40,000。個人的な感覚としたら、結構高いんだなーと思った。ただし、これは「関東版」の場合の値段であり、これが関西版となると\23,000にまで下がる。関東と関西とで倍近く違うのか...。

我輩が大学時代にバイトしていた店の隣の隣の店は、オーナーが気難しい人でバイトもなかなか続かず、「君の周りに週3日、1日5時間からでもいいからできる人はいないか?」とよく聞かれたが、たしかに、個人商店がひと一人雇うのに\40,000のお金を払うんじゃ、求人雑誌に掲載するという手段は使わないだろう。

しかし、「フロムエー」などの求人雑誌であれば、購読者も多いから、それだけ多くの人を確保できるチャンスはあるだろう。実際、我輩が掲載された時も3〜4人確保することを目標としていたらしいが、7〜8人面接に来てくれたらしいから、雇う側も活用の効果はあるのだろう。

まー、求人活動というのにもお金は必要。バイトの人たちをうまく管理するのも、こんな側面からも大切になってくるのだ。
posted by 求人雑誌 at 15:17 | TrackBack(0) | 求人雑誌

求人雑誌はよく活用した!

貧乏神というのはまぼろしじゃないのか、我輩これまでの人生、本当に貧乏生活であった...。特に1人暮らしをしてた大学生の頃、学業はおろか、バイトに明け暮れていたような気がする(;-;)。

そこでお世話になっていたのが、求人雑誌。毎週月曜日と木曜日に発売される雑誌は本当によく活用した。

当時、まだまだ未熟だった我輩。バイトで気になることの1つは人間関係だった。だから、バイト選びは人間関係が希薄に考えられる(と思い込んでた)短期のものが中心だった。が、短期間の求人ってかなり人気があるのだ。多分、我輩と同じように考える人が多かったのだろう。だから、雑誌の発売日は早めに起きて買いに行っていた。にもかかわらず早めに電話しても「もぅバイトの募集は締め切りました」と言われたり、なかなか電話がつながらずにやっとつなかがったと思ったら、「アルバイトの締め切りはもぅ終了いたしました」という音声アナウンスが流れてきた、なんて言ことがしょっちゅうで、よく悔しい思いをしていた(涙)。

特に、夏休みや春休みの時期は戦い。求人雑誌の「短期」コーナーを一目散にめくり、めぼしいのを見つけるまでに、多分平均3分。しかし結果は↑と同じようなことが多かったのだ。敵もさるものだった。月曜日にはずすと、次に求人情報誌が発売されるのは木曜日、たかが3日、されど3日、だ。

しかし、そんなこんなで見事に職をゲット!できた時はめちゃくちゃ嬉しかった!あまりにも嬉しかったんで、その求人雑誌はしばらく捨てずにいたような気がする(^o^)。

まー、このように求人雑誌を立派に(?)活用し、それんなりにアルバイトでいい経験はさせてもらった。しかし、貧乏神はやっぱまぼろしではない。というのは、今も当時と生活水準があんまり変わらないのだから...(--;)。
posted by 求人雑誌 at 14:58 | TrackBack(0) | 求人雑誌